月別アーカイブ
検索

パソコンを自宅と会社両方で使っている方も多いことでしょう。私も自宅で2台と会社で1台の、合計3台を使っています。

すると面倒なのがデータの同期(それぞれのPCのデータを同じ状態に保つこと)ではないでしょうか。

私は自分なりに工夫をして各PCの同期を取っています。今回は3つほど紹介します。

ファイル同期 (1) ~Subversion~

Subversion

Subversion

まず、当サイトで何度も紹介している、Subversion

SSL通信を行う設定にしておけば、盗聴の心配がありません。

難点は「更新」や「コミット」を忘れると、同期されないことでしょうか。私のように癖になっていればいいのですけどね。

また、インターネット経由で同期するためにはサーバを用意する必要があるので、「個人で手軽に」というわけにはいかなそうです。


ファイル同期 (2) ~DropBox~

DropBox

DropBox

DropBox は無料ユーザ登録でも2GBの容量が使える、オンラインストレージです。

もちろん、ブラウザからも同期操作は可能です。

ですが、DropBoxは専用ソフトをインストールしてこそ、その実力を発揮します。

同期フォルダ(初期状態ではマイドキュメント→My DropBox )にファイルを置くと、、、何もせずとも勝手にアップロードされます。

そのファイルを編集して保存すると、、、またまた勝手にアップロードされます。

別のパソコンにもインストールしておけば、電源を入れたときやネットに接続したときに、他のパソコンで変更されたファイルが自動でダウンロードされます。

つまり、特別な操作をしなくても、自動で同期をとってくれるのです。

DropBoxのすごい点はこれだけではありません。

削除や上書きしてしまった過去のファイルを取り出すことができるのです(この機能はブラウザ経由でのみ使えます)。

この便利さは、一度使うと手放せません。ファイルの容量が増えてきたら、約10ドル/月で50GB、約20ドル/月で100GBの有料プランでも、けっして高くないと思います。

「オンラインストレージにファイルを置くのは、情報漏えいが心配」という人は、TrueCrypt と組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

TrueCrypt は暗号化ドライブを作るソフトです。この暗号化ドライブのファイルをまるごとDropBoxの同期フォルダに入れてしまえば、安全にファイル同期を行えます。

ただし、暗号キーを忘れてしまったら、ファイルを開くのはまず不可能です。十分に注意してください。

メモの同期 ~Evernote~

Evernote

Evernote

一言で書くと「メモ」ですが、Evernoteで扱えるのは、テキスト、写真、音声、Webページ、PDFファイルなど。いろいろな形式のデータを保存しておくことのできるオンラインストレージです。

Evernoteの最大の特徴は、「メモの探しやすさ」です。

タグ(付箋みたいなものです)をつけて管理することも効果的ですが、驚くべきはテキスト検索機能です。

文字データからの検索は当たり前。Evernote のテキスト検索は、PDFファイルや 画像(写真)に写っている文字も見つけてきてくれるのです!

名刺や新聞・雑誌から、回覧板や看板まで。写真に撮ってEvernoteに入れておけば、簡単に探し出せます。

これを書いている時点では、日本語の画像検索は対応していませんが、近日中の対応が予定されています(詳細はEvernote日本語版ブログをご覧下さい)。

「同期」とは話題がずれてしまいましたが、Evernoteはもちろん、複数のパソコンや携帯端末でメモを同期することができます。

関係ありそうな記事

コメント