月別アーカイブ
検索

満開の時期を少し外してしまいましたが、桜の写真を撮ってきました。

スライドショウをクリックすると、大きな写真を見ることができます。ご自由に加工・利用してください。


桜といえば入学式?

桜といえば入学式。そして出会いの象徴。

そんなイメージを持っているあなたは、我々と同じ世代ですね!

私たちが子供だった頃、そう30年ほど前は、桜といえば入学式の花でした。

松田聖子さんの「チェリーブラッサム」など、ウキウキするような明るい曲が思い出されます。

今の桜は「別れ」の象徴

そしてここ数年。春になると、多くの桜をテーマにした歌が発表されます。

そのどれもが、卒業など別れを連想させる歌です。

桜のイメージが変化した理由

30年ほど前は入学式、つまり4月10日前後が満開の時期でした。

15年ほど前。私が最初に就職した時は、4月1日の入社式の夜にお花見をした記憶があります。

そして今では卒業式の3月中旬から咲き始めて下旬に満開となります。

どうやら、暖かくなる時期が早まっていることが原因のようです。

地球温暖化と関係があるのかどうかは分かりませんが、確かに昔に比べると雪は減ったような気がします。

関係ありそうな記事

    None Found

コメント