月別アーカイブ
検索

Redmine でチケットの更新をしようとして、希望のステータスに変更できないことがあります。

よくあるのが、一度「終了」にしたがもう一度「担当」に戻そうとしたらできなかった、というもの。

これは、ワークフローの設定によるものです。

ワークフロー

管理者権限でログインして、管理→ワークフロー で設定を変更できます。

たいてい、ロール=管理者では、初期値は全ての変更ができる設定になっています。

不便なのは、ロール=開発者の設定だと思います。

「現在のステータス」が「終了」の行にチェックがついている列は、「終了」からそのステータスに変更することができる、という意味です。

「終了」から「担当」に戻せるようにしたければ、該当部分にチェックをつければOKです。

自己責任で

もちろん、初期設定で「終了」から別ステータスに変更できなくしてあるのは、理由があってのことです。

簡単には戻せなければ「終了」にする際には「本当にこの作業は終わっているかな」と十分にチェックしますよね。

逆に簡単に戻せたら、「残作業は少しだから、終了にしておこう」と安易に終了にして、そのまま忘れ去られてしまう、ということが起こりえます。

こういった危険性を考慮した上で、設定変更は自己責任でお願いします。

関係ありそうな記事

コメント